固定資産の有姿除却

Q:当社には耐用年数が過ぎ、もう動かない機械装置があります。しかし、廃棄したくてもその費用が高いため、ずっと工場に眠ったまま。そのため長年固定資産として計上されています。何かいい方法はありますか?

A:機械装置などの固定資産は、その耐用年数が過ぎ、消耗が進んで使えなくなると、通常ならば廃棄します。この場合、廃棄した固定資産を帳簿上から消滅することを「除却」といいます。除却処理を行うことにより、その除却資産の帳簿価額は損金に計上されます。

固定資産の除却処理は、基本的には機械装置などを廃棄する必要があります。機械装置を廃棄せずそのままにしていれば、帳簿上固定資産として計上し続けなければいけません。

しかし、会社が保有する固定資産の中には、廃棄する費用が高額になるといったような理由で、今後使用する予定がないにもかかわらず、廃棄せず倉庫や 工場内に保管したままというケースがあります。こうした固定資産でも一定の条件を満たしていれば、廃棄を行わずに除却処理を行い損金計上できる場合があり ます。これを「有姿除却」といいます。

有姿除却が認められる条件は、以下になります。

  1. その使用を廃止し、今後通常の方法により事業の用に供する可能性がないと認められる固定資産
  2. 特定の製品の生産のために専用されていた金型等で、当該製品の生産を中止したことにより、将来使用される可能性がほとんどないことがその後の状況から見て明らかな固定資産

有姿除却は、会社から資金が流出することなく、決算日後でも損金として計上できます。決算期末になって利益がたくさん出たときに、有姿除却できる固定資産がないか検討してみましょう。