利益と課税所得の違い

Q:利益と課税所得はどう違うのですか?また、なぜ利益よりも課税所得のほうが多くなるのですか?

A:会社の利益より課税所得が多くなるのは、会計上の収入と費用が税務上のそのまま益金・損金として認められないからです。

会社の税務の目的は、益金と損金から課税所得を算出して、法人税等の税額を計算することです。

一方、企業会計の目的は、当期の収入と費用を計上することで適正な当期利益を計算することです。

税務上の益金・損金と会計上の収入・費用の考え方は異なります。例えば、交際費は会計上では全額が費用ですが税務上は全額は損金とはなりません。

そのため、「会社の利益は200万円なのに、課税所得が300万円」という事態が起こりえます。推定されるのは、法人税・住民税及び事業税や交際費による影響です。

会社の利益より課税所得が多くなるのは、ほかに以下のケースが想定されます。

  • 不良債権が発生し、回収見込みのない売掛金があるため、貸倒引当金を積み増ししたり、貸倒損失を計上したが、貸倒れの事実が客観的でないということで、税務上損金として認められなかった。
  • 不良債権の評価損を計上したが、著しく陳腐化したという事実を明らかにできない限り、処分するまでは税務上、評価損の計上ができず、損金にならない。
  • 従業員の退職に備えて、今期の費用を計上した。